【めざましテレビ】ワケあり商品食べるなら小売店派orレストラン派?なにわ男子のどっち派!?

テレビ番組
本記事はアフィリエイト・プロモーションを含みます

めざましテレビ(2023年9月22日放送)なにわ男子のどっち派!?では廃棄されてしまう食材を有効利用した小売店、レストランをりゅうちぇこと大西流星くんが紹介してくれました。

りゅうちぇはどっち派!?だったのか。詳しく紹介していきます。

【めざましテレビ】ワケあり商品食べるなら小売店派orレストラン派?なにわ男子のどっち派!?

コンビニ大手のローソンが先月から始めた保存・販売期間が長くなる冷凍おにぎり実験販売。
賞味期限が迫った商品・規格外の野菜を販売する小売店がオープンしたりしています。

また廃棄される食材を有効活用し安価レストランがあったり、今、食品ロスをなくす取り組みが行われています。

取材したりゅうちぇは【レストラン派】でした。一つ一つの学びが多かったと感想を話していました。

紹介されたお店を詳しくご紹介していきます。

【めざましテレビ】ワケあり商品食べるなら小売店派

Kuradashi たまプラーザテラス店

今年オープンしたお店です。

【場所】神奈川県横浜市青葉区美しが丘1-1-2 たまプラーザ テラス ゲートプラザ 1階
【電話】045-500-9229
【営業時間】10:00~20:00

  • 伊藤園 健康ミネラル麦茶670ml 173円→96円(44%off)
  • ミツカン 大好きだし 麺と鍋 ほどよい旨辛キムチ500ml 340円→128円(62%off
  • ソル・レオ・ネビオ パスタソース アラビアータ 290g 670円→533円(20%off)
  • ケンミン食品 チャプチェ韓国風はるさめの炒めもの 383円→259円(33%off)

安さの理由は、キャンペーンシールが貼ってあるものは期間が過ぎると売れなくなったり、季節外商品や賞味期限が近いものを業者から直接仕入れ格安で販売しています。

賞味期限:品質が悪くなる日付ではなくおいしく食べられる目安
過ぎていてもおいしく食べられるものも多い。

メーカー側のメリットとして廃棄するものを企業イメージを悪くするここなく販売できるので助かっているというコメントも。

半額以下商品多数!おトクな買い物で社会貢献【Kuradashi】

青果専門店 もったいない屋

【場所】神奈川県大和市福田2089
【電話】046-268-8288
【営業時間】8:00~19:00
【定休日】水曜日

  • キャベツ 1玉 84円
  • きゅうり 4本 108円
  • ナス 5本 138円

色や形にこだわらずとことん味にこだわることで安さを実現。

ルピシア ボンマルシェ

【場所】 東京都渋谷区代官山町17−6
【電話】03-6415-6138
【営業時間】10:00~21:00
【定休日】無休

全国に130店舗以上あるお茶の専門店ルピシアが業態を変え「もったいない」をコンセプトに様々な理由で廃棄されてしまう商品を買い取り格安で販売する小売店。

  • 道産牛バラ肉 プルコギ 850円→680円(20%off)
  • スパゲッティ500g×2 1620円→1296円(20%off)
  • くずれ梅 1620円→1134円(30%off)
  • 台湾ラーメン辛口ビーフ 5点 865円→498円
  • アジアンカレー 2点 822円→576円(30%off)
  • アジアンカレー 3点 1233円→740円(40%off)

【めざましテレビ】ワケあり商品食べるならレストラン派

もったいない食堂 三浦海岸店

2023年4月オープンのレストラン。

【場所】神奈川県三浦市南下浦町上宮田529
【電話】090-3752-9627
【営業時間】11:30~14:30/18:00~21:30(水~金)
7:00~14:30/18:00~21:30(土日)
【定休日】月・火

味は変わりないのに、形が悪かったり傷があるなどの理由で廃棄されてしまう食材を生産者から仕入れて提供している食堂です。

一番人気!カマス干物定食 1300円

肉野菜炒め ベジ郎 渋谷総本店

【場所】東京都渋谷区道玄坂2-23-11
【電話】03-6427-8470
【営業時間】11:00~22:10
【定休日】不定休

青果の卸会社が経営していて規格外の野菜を無駄なく消費できないかと考え、野菜炒めのお店をオープン。

  • 肉野菜炒め定食(しょうゆ味) 880円

炙りや 秀苑 天

【場所】東京都港区新橋3-14-5 STEC3ビル5F
【電話】050-5869-6528
【営業時間】11:00~14:00/17:00~24:00
【定休日】要店舗確認

夜はA4ランクの宮崎牛を使用した予算1人あたり約8000円のお店ですが平日のランチに15食限定でカレーが提供されています。

  • 宮崎牛ランチカレー 550円(平日15食限定)

宮崎牛を一頭買いしているこのお店はメニューに使えない部分が出るためそれを利用してランチでお客さんに還元しているんだそう。

まとめ

【めざましテレビ】ワケあり商品食べるなら小売店派orレストラン派?なにわ男子のどっち派!?では、格安小売店:低価格・種類が豊富、レストラン:食品ロスを考えるきっかけになる・こだわり料理を紹介していましたね。

りゅうちぇはレストラン派でしたが、どちらも環境に配慮した食品ロスをなくすための取り組みをしているお店ばかりでした。

お出かけの際には是非参考になさってください。

コメント

error: Content is protected !!
タイトルとURLをコピーしました